Column

お役立ち情報

ニチハの屋根が飛んでいった?うちは大丈夫かな?と思われた方へ

 

屋根業界では、問題視されているニチハのパミール問題を「スクープ」として2月20日発売の日経ホームビルダーが、記事を掲載しました。

 

掲載されたこともあって、個人的に思っていることを記事にしましたので、最後まで読んでいただいて、おうちの屋根がパミールで悩んでいる方への手助けになればと思ってます。

 

初めて聞いた方であれば、パミールのことについて調べたと思います。調べただけで、

 

ニチハ パミール 裁判

ニチハ パミール クレーム

ニチハ パミール 不具合

 

このような内容が、ネット上にも書かれているかと思います。


 

1. そもそもパミール屋根ってどうゆう屋根?

 

『パミール』とは、国内最大手の外装建材メーカー・ニチハが製造していた、屋根材の商品名のひとつです。

 

製造期間は1996~2008年で、現在は製造中止になっています。

 


お客様の許可を得て、掲載させて頂いてます。

 


 

2. パミールの特徴

 

 

層状剥離が起こってます。

層状剥離とは、簡単に説明すると、

塗装をする場合は屋根材の表面に塗装をしていきます。

ただその屋根が上記の写真みたいに、屋根本体がこのように剥がれてしまっている場合は、塗装する意味は全くません。

この屋根本体が剥がれていることを層状剥離と言います。

ここまで読んで頂いてなぜこのようなことが起きるか、気になる方もいらっしゃると思います。次はなぜこのようなこと起きるか伝えていきます。

 


 

3. なぜこのようなことが起こるか?

 

パミールは「ノンアスベスト」の屋根材になります。

 

しかし結果としては、ノンアスベストの屋根であるパミールは施工が10年過ぎてあたりから、

「屋根表面がミルフィーユ状」になったり、「屋根材が落ちてきたり」など、こういった症状が出てきたのです。